サーチエンジン
廃人供の為の裏BLOG ─ 管理人は全員病気 ─ 水銀燈と雛苺を同じ部屋に閉じ込めてみた
 
■最近の記事
■カテゴリー
■月別アーカイブ
■ユーザータグ

画像 コスプレ ロリ 洋ロリ 雑記 ニュース 画像まとめ ローゼンメイデン 外人さん   コピペ アニメ 後姿 咲-saki- スク水 壁紙 パンツじゃないから恥ずかしくないもん ストライクウィッチーズ ストパン ストウィチ 翠星石 清澄 東方 クリスマス ランカ・リー C.C. 詳細キボンヌ コードギアス 動画 マクロス 蒼星石 きらっ 博麗霊夢 霊夢 金糸雀 真紅 巫女 エヴァンゲリオン さくら 虹嫁 ディナー 二次嫁 晩餐  アクセス解析 サンタ 水銀燈 ひだまりスケッチ ハヤテのごとく! 魔法少女リリカルなのは コメで解決 まきます ヴィータ 苺ましまろ 着物 浴衣 雛苺  アメジョ 原村和 きらきー ホモ 伊吹萃香 双子 薔薇水晶 デコ娘 宮永咲 雪華綺晶 眼鏡  お知らせ 銀ちゃん  汎用人型決戦兵器 ゼロの使い魔 ばらすぃ 三千院ナギ 片岡優希 サキさん 喪女 ゾンビ 兎塚エイジ Ruu ネタ画像 情熱 NELERLOID 竹井久 ipod 北条沙都子 うにゅー ヱヴァンゲリヲン アスカ ひぐらしのなく頃に JOJO 眼帯 ナギ ヤンデレ ジョジョの奇妙な冒険 式波 けいおん! AA 涼宮ハルヒシリーズ 龍門渕 長門 そうは言っても例えば・・・ 風越女子 秋山澪 澪ちゃん キャラ弁 ローゼン 鶴賀 

■フリーエリア

現在の閲覧者数:

■FC2カウンター

■最近のコメント
■LINK
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
水銀燈と雛苺を同じ部屋に閉じ込めてみた
水銀燈と雛苺を同じ部屋に閉じ込めてみた
http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1202729462/

sg0190.jpg
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/11(月) 20:31:02.35 ID:au/omlKp0

水「…一体ここはどこなのぉ?」
雛「ぶわーん!ともえー!」
水「何で私がこんな部屋に…」
雛「ぶーわん!ジューン!のりー!真紅ぅー!」
水「意味がわからないわぁ…」
雛「ぶわーん!」
水「うるっさいわね!ジャンクにするわよ!?」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。: :2008/02/11(月) 20:34:51.69 ID:au/omlKp0


雛「ぐすん…ともえ・・・」
水「まったく…よりによって何であんあガキンチョと一緒なのかしらぁ…」
雛「(…ちらっ)」
水「(ギロッ!)」
雛「(ビクッ!)」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。: :2008/02/11(月) 20:51:40.87 ID:A/3YnZcJO


勝俣「しゃーっす!!!!!!こんにちゃああああああああっす!!!!!!!!!」
雛「うゆ…なんか来たの」
水「…うるさいわぁ…」


雛苺「ぐすん・・・ぐすん・・・」
水「ちょっとぉ」
雛「ひっ!?」
水「別に何もしないわよぉ…」
と言いつつヤクルトを差し出す
雛「これ…くれるの?」
水「さっきからぐすんぐすんうるさいのよ…」
雛「うゆ…」
水「それを飲んでる間くらい静かにしてて」
雛「わかったの…それから…」
水「なによぉ」
雛「…ありがとなの」

雛「ねぇ…」
水「…何よぉ?」
雛「水銀燈は寂しくないの?」
水「はぁ?」
雛「ここにはジュンも真紅も…のりも翠星石もいないの…とっても寂しいの…」
水「…私はいつも一人よぉ」
雛「うゆ…寂しいって思わないの?」
水「別にぃ…」


雛「……。」
水「そんなに警戒しなくても何もしないわぁ」
雛「…ほんとに?」
水「今やらなくても…あんたなんていつだって簡単に壊せるわぁ」
雛「うゆ…」

ゴクゴク…(ヤクルトを飲む)
雛「ぷはー!甘くてすっぱくておいしいの…」
水「そぉ…乳酸菌は体にいいのよぉ」
雛「あ、そうだ!」
水「?」
雛「お礼にこれあげるの!」
水「何よこれぇ」
雛「うにゅーなの!甘くて黒くてとってもおいしいの!」
水「ふぅん…まぁもらっといてあげるわぁ」

雛「ふんふーん♪」
水「何を描いてるのぉ?」
雛「これはジュンで、これはのり、こっちが翠星石で…これが巴なの!」
水「こっちの茶色いのは何かしらぁ?」
雛「くんくんなの!」
水「くん…くん?」
雛「くんくんは天才なの!かっこいいの!」
水「へぇ…」


水「この赤いのは…もしかして…」
雛「真紅なの!」
水「これが真紅ぅ?まるで赤提灯だわぁ♪そっくりよぉ♪」
雛「真紅もくんくんが大好きなの!」
水「あの真紅がぁ?こんな犬にぃ?アハハ♪おっかしぃ♪」


雛「そうなの!水銀燈すごいの!」
水「何がぁ?」
雛「これがうにゅーってわかったのは、ジュンと水銀燈だけなの!」
水「ふぅん…」


雛「…でね、巴はすっごく優しいの!それでね、ヒナは巴が大好きなの!」
水「ふぅん…そうなのぉ」
雛「ねぇ、水銀燈のミーディアムはどんな人?」
水「私にミーディアムなんていないわぁ」
雛「うゆ…ほんと?」
水「まぁ…ミーディアムに”なりたがってる”のならいるけどぉ」
雛「どんな人なの?」
水「…頭のイカれた死にかけの病人よ」


一方その頃の真紅
真紅「…はっ!?」
JUM「どうした!?真紅!?」
真紅「…服におもいっきり紅茶をこぼしてしまったのだわ」


雛「うにゅー」
水「恨み」
雛「ミーディアム」
水「無駄」
雛「だっこ」
水「粉々」
雛「な…(怖そうな言葉ばかりなの…)」


一方その頃にJUM
JUM「なっ!?」
真紅「どうしたの!?ジュン!?」
JUM「…ブラクラ踏んだ」


雛「真紅ったらね、おトイレとテーブルを間違えたのよ」
水「あっはっは♪ほんとぉ?ダッサあぃ♪ばっかみたぁい♪」
雛「でね、真紅のお料理は…えっと…とっても怖いの」
水「あの子ったら料理もできないのぉ?傑作だわぁ♪」
雛「水銀燈はお料理じょうず?」
水「上手よぉ…特にローザミスティカを使った料理なんて絶品なんだからぁ♪」
雛「(ビクッ!?)」
水「冗談よぉ」


雛「水銀燈は何で飛べるの?」
水「翼があるものぉ。当然よぉ」
雛「ほえ…すごいの…背中に羽根があるの…天使さんみたいなの…」
水「はぁ?天使ぃ?」
雛「鳥さんと天使さんには羽根があるの!水銀燈のは真っ黒だけど…
  鳥さんじゃないから天使さんなの!」
水「天使なんて…どっかの病人と同じようなことを」


パタパタ(羽根を動かす)
雛「(ビクッ!)」
パタパタ
雛「動いてるの!面白いのー♪」
水「ふふっ…」


一方その頃の翠星石
翠「ほんとにあのチビ人間はどうしようもない奴なのですぅ!」
マツ「おやまぁ」
翠「翠星石が世話やいてやらないと何もできねぇ駄目野郎なのですぅ!それに…」
マツ「チビ人間くんの話をする翠星石ちゃんは本当に楽しそうねぇ」
翠星石「な、何言ってやがるです!?翠星石はあんなやつのこと何とも…///」
元治「カァァァァァァァァズキィィィィィィ・・・・・・・・・・・・・」


雛「空飛べるの・・・すごいの・・・」
水「・・・あんたも飛んでみるぅ?」
雛「ふえっ?できるの?」
水「後ろを向きなさぁい」
雛「うゆ・・・こう?」
ふわっ・・・(雛苺を抱えて上昇)
雛「すごいの!ほんとに飛んでるの!わーい♪」


水「何よぉ…人の胸じっと見て…」
雛「(…むにっ)」
水「ちょっ…!!どこ触ってんのよ!」
雛「ジュンはここふくらんでないの…」
水「?」
雛「巴とのりは膨らんでるの…でも真紅も翠星石もふくらんでないの…何で?」
水「し、知らないわぁ…」


むしゃむしゃ・・・
雛「マポロチョコおいしいのー♪」
水「さっきからチョコだのポッキーだのよく食べるわねぇ…」
雛「チョコもポッキーも大好きなのー♪でもね、はなまるハンバーグも好きなのよ♪」
水「はなまる…ハンバーグ?」
雛「とってもかわいくて、とーってもおいしいの!」
水「ふぅーん・・・」
雛「そうだ、こんど水銀燈も食べにくるの!」
水「ふん…まぁ気が向いたら・・・ねぇ・・・」


水「…さっきから気になってたんだけどぉ」
雛「うゆ?」
水「口の周りと頬にチョコが付いてるわよぉ」
雛「ほんと?全然わかんなかったの…」
水「ちょっとぉ!?ソデで拭いたりなんかしたら
  お父様の作ってくださったお洋服が汚れるわよぉ?」
雛「うゆ…でも…」
水「仕方ないわねぇ…こっちにいらっしゃいよぉ」
雛「?」
水「ハンカチを持ってるから拭いてあげるわぁ…ほら」
ごしごし…
水「ほらぁ…これで綺麗になったわぁ。まったく、薔薇乙女としての誇りはないのぉ?」
雛「…。」
水「何よぉ」
雛「今日の水銀燈は何だかとっても優しいの♪」
水「ふん、今だけよぉ」
雛「うゆ…今…だけ?」
水「そう…今だけ。」

雛「抱っこなの!」
水「はぁ?何で私がぁ?」
雛「今の水銀燈は優しいの!今だけなら抱っこもしてくれるの!」
水「……今だけよぉ?」
雛「わーい♪」



水「これでいいのぉ?」
雛「わーい!なのー♪」
水「(何で抱っこくらいでこんなにはしゃげるのかしらぁ…)」


雛「のりはね、ジュンのお姉ちゃんなの!」
水「そうらしいわねぇ」
雛「水銀燈は…ヒナのお姉ちゃん?」
水「私は第一ドール、あんたは第六ドールだから順番的にはそうなるわねぇ」
雛「わーい!お姉ちゃんなのー♪」
水「姉妹…ねぇ。」
雛「うゆ?何か言った?」
水「何でもないわぁ…」


水「それにしても…いつになったら出られるのかしらぁ」
ピカッ!
水「!?」
大きな鏡が出現
水「あれは…鏡?それに映ってるのは…真紅のミーディアムの家の倉庫だわぁ。
  あそこが出口かしら…?」
キラキラ…
水「さぁ、あんたの家への出口がでてきたわよぉ?さっさとココから…」
雛「すぅ…すぅ…」
水「眠ってるのぉ…?」
雛「すやすや…」
水「仕方ないわねぇ…」
眠ったままの雛苺を抱きかかえる
水「今…だけよぉ?」

そのまま鏡の中へ…


ジュンの家の倉庫の鏡の前

雛苺を床に置く水銀燈
雛「すぅすぅ…」
水「私たち薔薇乙女はいつか最後の一人になるまで戦う運命…」
雛「すやすや…」
水「真紅も他のドールズも、そしてあんたもいずれは…」
雛「くぅくぅ…」
水「その時までせいぜい楽しんでおくといいわぁ…このくだらない日々を。」

そのままめぐの病室の映る鏡の中に消える水銀燈





のり「ヒナちゃん?ヒナちゃん?」
雛「うゆ…のり?」
ジュン「気が付いたみたいだな」
のり「よかったわぁ…こんな場所で倒れてるからびっくりしちゃった」
真紅「こんな所で昼寝なんて…はしたないのだわ」
雛「…水銀燈は?」
真紅「あの子は今日は来ていないわ」
雛「ヒナね、ずっと水銀燈と一緒に変なお部屋にいたの」
ジュン「水銀燈と!?」
雛「それでね、一緒にお話したりお絵かきしたり、抱っこもしてもらったの!」
のり「あらあら…夢を見てたのかしら?」
雛「夢じゃないの!本当にいたの!」
真紅「水銀燈と二人きりになったら、すぐにあなたに襲い掛かってくるはずでしょう?
   それをあなたは無傷だわ」
雛「うゆ…でも」
のり「さぁさぁ、それじゃあ晩御飯にしましょ♪今日ははなまるハンバーグよ♪」
雛「(ほんとに…夢だったの?)」


その夜、めぐの病室
水「……。」
めぐ「どうしたの水銀燈?ぼーっとしてるけど。」
水「別にぃ…ちょっと疲れただけよぉ。」
めぐ「そう…でも…」
水「何よぉ」
めぐ「何だかちょっとだけ嬉しそうな顔してる」
水「してないわよ」
めぐ「そう?だけど…悲しそうな顔もしてるわ」
水「…。」
めぐ「…ねぇ、それは何?そのお手玉みたいにしてるの。」
水「さぁ…”うにゅー”とかいうらしいけどぉ」
めぐ「うにゅー…誰かに貰ったの?」
水「別にぃ…」
めぐ「あっ」
水「何よぉ」
めぐ「水銀燈、今また嬉しそうな顔をしたわ」
水「ふん…」

FIN


最後まで読んでくださった方々、本当にありがとうございました。


92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。: :2008/02/11(月) 23:46:30.25 ID:n8tMasxt0


良い話しでした。
是非また何処かで貴方の作品を読みたいです


93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。: :2008/02/11(月) 23:46:34.41 ID:udKgj9GxO

>>91
乙ー

楽しかったよ


94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。: :2008/02/11(月) 23:46:36.22 ID:iHvA3Gal0





98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。: :2008/02/11(月) 23:49:58.60 ID:MLVrW8Ia0





99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。: :2008/02/11(月) 23:50:06.98 ID:rLMwUxC60

>>91



100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:sage :2008/02/11(月) 23:50:13.39 ID:WuTTs7sX0


雛銀はいい


101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:sage :2008/02/11(月) 23:50:39.40 ID:4Z4ijFup0


私党員だけど感動した


102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。: :2008/02/11(月) 23:52:23.69 ID:PtcQWpTpO


麻生だけど感動した
VIP | 22:19:54 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
面白くてつい声に出して読んじゃいました♪
2009-02-04 水 17:10:51 | URL | 薔薇 [編集]
黙って読んでください♪
2009-02-05 木 00:44:50 | URL | ヤングラ17 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。